プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 25作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【心揺さぶるミステリー】使命と魂のリミット

f:id:piyopiyobooks:20180717024138j:plain

 

【著者】東野圭吾

【内容】

「医療ミスを公表しなければ病院を破壊する」突然の脅迫状に揺れる帝都大学病院。「隠された医療ミスなどない」と断言する心臓血管外科の権威・西園教授。しかし、研修医・氷室夕紀は、その言葉を鵜呑みにできなかった。西園が執刀した手術で帰らぬ人となった彼女の父は、意図的に死に至らしめられたのではという疑念を抱いていたからだ…。あの日、手術室で何があったのか?今日、何が起こるのか?大病院を前代未聞の危機が襲う。

【感想】

★★★★★

最初のほうはいろいろな思惑が交錯していて、感情が忙しかった。

父親が亡くなった時の執刀医のもとで学ぶ夕紀。しかも西園医師は自分の母親と父親亡き後交際し、再婚することに。

しかも昔の思いがけない父親と西園の関係に疑いは増すばかり。

 

そして一方は看護師・望に近づく怪しげな男。

どうやら自動車会社の社長の動きを探っているようで、病院に脅迫状を送っている。

 

犯人はわりと最初から明らかにしてあるものの、複雑な人間関係に犯人側にも同情してしまったり。

 

最後、望が犯人の良心に訴えているところはかなりこちらの心も痛んだ。

そしてラスト一行の台詞にジーンときた。

 

 

とてもよくできたストーリーだった。

 

 

使命と魂のリミット (角川文庫)

使命と魂のリミット (角川文庫)