プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【車椅子ホストの奮闘記】車輪の上

f:id:piyopiyobooks:20181106224409p:plain

著者 乙武洋匡

【内容】

600万部のベストセラー『五体不満足』から20年。
乙武洋匡、復活第1作は、小説!


車椅子ホストのシゲノブが主人公。大学卒業後、就職が決まらぬまま上京し、ひょんなことからホストになった。客から障害者は席に来るなと言われたり、テレビに取材されたり、「障害者」というレッテルに振り回されながら、ホスト稼業に精を出していた。シゲノブは、歌舞伎町はレッテルをはられた人間の坩堝だと気づいていく。ホスト、風俗嬢、LGBT……。
そんな人たちとの交流や恋愛を通じて、シゲノブが変わっていく。

【感想】

★★★★★

乙武さんだからこその説得力というかリアリティ。

車いすの男性を主役にした、前向きになれる話。

ひょんなことから車椅子ホストになったシゲノブは、「やっぱり車椅子だから売れない」と思い、自分なりに頑張るもなかなか指名が取れない。

シゲノブを「不良品」などと呼ぶ同僚ホスト「ヒデヨシ」や、いろいろな注意や叱咤してくれる「ヨシツネ」友好的でいつもシゲノブのことを助けてくれる「タイスケ」などいろいろな同僚に囲まれながらも自分の場所を見つけようとするシゲノブ。

ある日、ヨシツネの秘密がばれてしまい、ヨシツネはお店を辞めてしまう。その秘密というのは「身体障がいがあること」とはまた別ではあるけれど差別の対象となってしまいがちなもの。でもそれでもヨシツネは頑張っていた。そしてシゲノブを応援してくれていた。

 

シゲノブに対して、「そんな自分のこと車椅子だから・・・って卑下してばっかりでイライラする」なんて思うこともあった。

でもそれはもしかしたら自分にそういった「特徴」がないから言うのかなとも思う。

大人になり、私自身にもそういった「卑下するポイント」というか、小さいことかもしれないけれど「欠陥」が出てきたことにより、やはり他人が何の気なしに言った言葉に勝手に傷ついてしまうことがある。それが子供のころからだったらやはりそういう風に考えてしまうのは仕方がないことだと思う。傷つくことに慣れてしまっていて、それを自虐していかないと辛くなってしまったりとか。


そんななか、ホストクラブの経営者かつホストのリョーマさんがとてもよかった。「車椅子だから」と卑下しているシゲノブに気づきを与えられる存在として描かれてて、私もこういう考え方になれたらいいなと思いました。

 

差別はどこにでもある。どんな小さなことでも差別の対象になってしまう。
人は本当にそれぞれ。それぞれを認め合い生かしあい、素敵な社会になっていったらなと思います。

 

 

車輪の上

車輪の上