プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 25作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【猫族なんだけどちょいと不思議な一族の話】にゃん! 鈴江藩江戸屋敷見聞帳

f:id:piyopiyobooks:20180308061151p:plain

著者 あさのあつこ

【内容】

不思議・痛快・抱腹絶倒!人間味(?)あふれる猫一族のオデッセイ!

 三万石の鈴江藩、江戸の上屋敷に奉公することとなった本所深川の呉服商の娘、お糸。しかし仕える正室の珠子には猫の化身疑惑が!?

さらに屋敷の中は権謀術数が飛び交い、何やら不穏な空気が……。

ユーモアとスリルを交え、女性の眼と猫の眼を通して人と時代を描いた物語。

もちろん猫好きの方にもオススメです♡

 

【感想】

★★★★☆

とにかく出てくるキャラがいいですね。

主人公 お糸は鈴江藩正室の珠子にお仕えするんですが、珠子は「猫族なんだけどちょいと不思議な一族」、つまり化け猫。同じくそばにいるおさけ(マジックが得意)、おかか(縫物が得意)も化け猫で、クールな三嶋は化け虎。

 

一番大好きなキャラクターはやっぱり珠子のだでぃ、権太郎。この権太郎さん、外国かぶれの化け猫で、ルー語で話すんですよ。お調子者で女好き。来ている服も外国かぶれの派手なもの。

 

三嶋と権太郎の掛け合いがとても面白く、笑わせてもらいました。

 

化け猫で何年も生きているので家康のこと「やっちゃん」とか呼んだり、源頼朝の逸話なんかが出てきたり。そういうところもとても面白かったです。

 

とても楽しく読める作品でした。

 

 

にゃん!  鈴江藩江戸屋敷見聞帳

にゃん! 鈴江藩江戸屋敷見聞帳