プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【ハイチ女性の絶望と希望】クリック? クラック!

f:id:piyopiyobooks:20180928160329p:plain 

著者 エドウィージ・ダンティカ

【内容】

今年ノイシュタット国際文学賞を受賞し、将来のノーベル文学賞候補と目されるカリブ文学の旗手、E・ダンティカ。第一短編集が新装版として待望の復刊!

カリブ海を漂流する難民ボートの上で、死体が流れゆく「虐殺の川」の岸辺で、ニューヨークのハイチ人コミュニティで……、女たちがつむぐ十個の「小さな物語」が地下茎のようにつながり、ひとつの「大きな物語」を育んでいく。

「クリック?(この話、聞きたい?)」「クラック!(聞かせて!)」――物語の始まりを告げる掛け合いの言葉とともに、現代の〈伝承〉が生まれ出る。

全米図書賞の最終候補となり、ワシントンポストニューヨークタイムズなど各紙に書評され、著者の評価を確立した短編小説集(1996年)。邦訳は2001年以来の刊行となる(新装復刊)。

 

【感想】

★★★☆☆

ハイチについて、実際あまり歴史で習ったりすることもなく、何年か前に大きな地震があったこととか、国自体について知っていることはそれだけで、あまり日本人にはなじみのない国かもしれません。私が住んでいる国にもたくさんの子供たちが養子で来ています。地震の直後、たくさんの人たちが養子を引き取りにハイチにいったニュースもありました。

実際私は中学生の養子で6歳の時にこちらに来たハイチ出身の女の子に日本語を教えていたのですが、彼女も以前の生活についてはあまり語らなかったし、実際のところはあまりよくわかりません。

 

この物語は主にハイチの女性について描かれています。時々目をそむけたくなるような描写があり、平和な国にいる自分たちの生活とはギャップを感じます。それでも前向きに生きなければいけない、家族を大切にしているハイチの女性の姿はすべての人に知ってもらいたいなとも思いました。

 

クリック? クラック!

クリック? クラック!