プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 25作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【死神の千葉さん、再び!】死神の浮力

f:id:piyopiyobooks:20181105225555j:plain

著者 伊坂幸太郎

【内容】

 娘を残虐に殺された小説家の山野辺は苦しみのなかにいた。
著名人であるが故にマスコミからの心無い取材に晒され、さらに犯人とされていた男・本城が第一審で無罪になったのだ。
しかし、山野辺は彼が犯人であることを「知っていた」。 彼はサイコパスと呼ばれる反社会的人格者で、 自分が犯人である証拠を、山野辺宛てに送ってきていたのだった――。

控訴の猶予期間は二週間。山野辺とその妻、美樹は一時的に自由の身になった本城を探し、動き始める。そこに千葉という男が現れ「本城の居場所を知っている」と言う。 山野辺夫妻は半信半疑ながらも、この妙な男と行動を共にすることにする。
。 山野辺夫妻・千葉チーム対サイコパス本城の勝負の行方は?
今回、千葉が「担当している」のは誰なのか? そして調査の結果は?

 

【感想】

★★★★★

死神の千葉さんリターン。

今回は前回の『死神の精度』のような連作短編ではなく長編。

音楽が大好きで、人減とはちょっとずれた感覚の死神、千葉さん。

 

今回の担当は「山野辺」という作家。しかも本城というサイコパスに娘を殺されたばかりで復讐を企てている。

内容はシリアスなのに千葉さんで少し脱力&和む。

本城のサイコパスぶりと本城の担当死神の決断には「ええ!」と思うが、最終的には胸のすく結論でした。面白かった!

 

 

死神の浮力 (文春文庫)

死神の浮力 (文春文庫)

 
死神の精度 (文春文庫)

死神の精度 (文春文庫)