プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【本の厚みを感じさせないノンストップ読書】犯罪者

f:id:piyopiyobooks:20190925183517j:plain

著者 太田愛

【内容】

白昼の駅前広場で4人が刺殺される通り魔事件が発生。犯人は逮捕されたが、ただひとり助かった青年・修司は搬送先の病院で奇妙な男から「逃げろ。あと10日生き延びれば助かる」と警告される。その直後、謎の暗殺者に襲撃される修司。なぜ自分は10日以内に殺されなければならないのか。はみだし刑事・相馬によって命を救われた修司は、相馬の友人で博覧強記の男・鑓水と3人で、暗殺者に追われながら事件の真相を追う。

 

【感想】

女の子に呼び出されてウキウキで出かけたら通り魔にあった!なんていういきなり恐ろしい目に合うところから物語はスタート。

しかも病院で手当てをしてもらっていたら謎の男に「あと10日間逃げきれ」なんて言われる。なぜか急に暗殺者に狙われる修司と、彼をかくまうはみ出し刑事・相馬と相馬の友人・鑓水と逃げながらも事件の真相を追っていく。読んでいくうちにパズルのピースがそろっていき、ハラハラドキドキが止まらない。

 

・目撃者

・暗殺者

・協力者

・隠ぺい工作

内部告発

・ベビーフード

・謎のメルトフェイス症候群

 

が複雑に絡み合い、しかもなかなか一筋縄ではいかない展開!

 

ページをめくる手が止まらず飲食も忘れてしまう。

最後の最後まで目が離せないストーリー展開で、とても面白かったです。

 

以前『幻夏』を買ったのですが、もう一度読み返してみようと思います。こちらは相馬さんの話で、もう一つ文庫にはなってませんが『天上の葦』は鑓水さんの話ということで絶対読みたいと思います。

 

犯罪者 上 (角川文庫)

犯罪者 上 (角川文庫)

 
犯罪者 下 (角川文庫)

犯罪者 下 (角川文庫)

 

 

 

幻夏 (角川文庫)

幻夏 (角川文庫)

 

 

 

天上の葦 上

天上の葦 上

 
天上の葦 下

天上の葦 下