プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【夫婦間でするセックスは近親相姦】消滅世界

f:id:piyopiyobooks:20191103052156j:plain

著者 村田沙耶香

【内容】

セックスではなく人工授精で、子どもを産むことが定着した世界。そこでは、夫婦間の性行為は「近親相姦」とタブー視され、「両親が愛し合った末」に生まれた雨音は、母親に嫌悪を抱いていた。清潔な結婚生活を送り、夫以外のヒトやキャラクターと恋愛を重ねる雨音。だがその“正常”な日々は、夫と移住した実験都市・楽園で一変する…日本の未来を予言する傑作長篇。

 

【感想】

★★★★★

雨音は、実は父と母が愛し合ってセックスした結果生まれた子供。

しかし、この世界では、それは「近親相姦」にあたる。なぜならば、人工授精が異様に発達し、人間はもはや人工授精でしか子供を作らないからだ。夫婦間のセックスはなく、恋愛は夫婦以外の誰かもしくはアニメなどのキャラクターとするものである。

 

もうこれだけでお腹一杯くらい異様な世界だけれど、千葉には「楽園」システムというもっと異様な世界が広がっている。

 

こういう気持ちの悪いような、薄気味悪いような世界を書くのが村田沙耶香は上手だなと思う。ものすごく衝撃的な世界なのに、どこかリアリスティックでもあり、本当にもしかしたらこれから今の常識は消えてこんな世界になってしまうのかもと思わせてくる。

 

「結婚」についてももはや何の意味があるのかもわからなくなる世界。

婚活ブームの今、こういった本をあえて読んでみるのも面白いと思う。

 

 

消滅世界 (河出文庫)

消滅世界 (河出文庫)