プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 25作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【え?JCか?】JC科学捜査官 雛菊こまりと "ひとりかくれんぼ"殺人事件

f:id:piyopiyobooks:20171231205238j:plain

著者 上甲宣之

 

【内容】

神戸海園大学構内で女性講師の変死体が発見された。傍らに転がる人形を不審に思った兵庫県警の百地は、科学捜査研究所に鑑定を要請する。一方、14歳にして博士号をもつ雛菊こまりが、人材交流のため、アメリカFBI科捜研の特別研修員として、祖父が勤める兵庫県警科捜研に派遣されてきていた―。女子中学生(JC)科学捜査官が最新の科学捜査で不可解なオカルト事件の謎に迫る!

 

【感想】

★★★☆☆

これが今年最後の読書か・・・。

この著書さんの作品は、『そのケータイはXXで』『XXゼロ』『地獄のババ抜き』を読んだことがあり、どれも、トンデモ作品でした。読んでみるとわかると思いますが、展開がすごいです。ハチャメチャです。

この作品はそれを踏まえると、わりと「ガチ」で科学捜査をしています。主人公はJCと書かれてますが、実際飛び級か何かで博士号を持っている14歳の女の子。うんでもこれを読んでいて別に14歳設定でなくてもそんなにいいかなって感じです。14歳、そんなにこの設定生かされてない。そもそも登場人物がなんだか影薄くて、最後のほうとか「これ誰だっけ?」って感じになりました。

でも全体的にはまあ面白かったです。

ひとりかくれんぼという幽霊を呼び出す遊びを検証中に殺害されるという事件を解決する話です。この「ひとりかくれんぼ」、実際にあるんですね。知りませんでした。ちなみにやり方などは結構気持ち悪いです。絶対やりたくない。

 

途中で、警備員さんが放置自転車に困っているシーンがあり、主人公こまりがそれを張り紙一つで解決します。それが

 

この付近は大学が認めた駐輪場ではありません。

どれでも、ご自由にお持ち帰りください。 

という張り紙。

 

これは

nlab.itmedia.co.jp

 の元ネタなんですかね。この本が出たのが2014年。同じ頃にTwitterで発見されています。

 

最終的に犯人は「え?この人なん?しかもこういう動機?」って感じになります。思ってもない人物でした。推理できないですね。

 

最後に被害者が残したメッセージがあるのですが、それはちょっとうるっときます。

 

この著者さんのハチャメチャシリーズは、ほかにもちょっと読んでみたいです。

こまりは第二巻もあるみたいですね。最近の小説はこういったイラストの表紙が多いですね。こっちのほうが需要があるのでしょうか・・・?

 

 

 

 

ハチャメチャシリーズはこちら

 

そのケータイはXX(エクスクロス)で (宝島社文庫)

そのケータイはXX(エクスクロス)で (宝島社文庫)

 

 

 

XXゼロ 呪催眠カーズ (宝島社文庫)

XXゼロ 呪催眠カーズ (宝島社文庫)

 

 

 

地獄のババぬき (宝島社文庫)

地獄のババぬき (宝島社文庫)