プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【今更ですがやっと読んだ】夫のちんぽが入らない

f:id:piyopiyobooks:20190525074535j:plain

著者 こだま

【内容】

ドラマ化決定。話題沸騰!

“夫のちんぽが入らない"衝撃の実話――彼女の生きてきたその道が物語になる。

2014年5月に開催された「文学フリマ」では、同人誌『なし水』を求める人々が異例の大行列を成し、同書は即完売。その中に収録され、大反響を呼んだのが主婦こだまの自 伝『夫のちんぽが入らない』だ。

同じ大学に通う自由奔放な青年と交際を始めた18歳の「私」(こだま)。初めて体を重ねようとしたある夜、事件は起きた。彼の性器が全く入らなかったのだ。その後も二人 は「入らない」一方で精神的な結びつきを強くしていき、結婚。しかし「いつか入る」という願いは叶わぬまま、「私」はさらなる悲劇の渦に飲み込まれていく……。

交際してから約20年、「入らない」女性がこれまでの自分と向き合い、ドライかつユーモア溢れる筆致で綴った“愛と堕落"の半生。“衝撃の実話"が大幅加筆修正のうえ、 完全版としてついに書籍化!

いきなりだが、夫のちんぽが入らない。本気で言っている。交際期間も含めて二十余年、この「ちんぽが入らない」問題は、私たちをじわじわと苦しめてきた。周囲の人間 に話したことはない。こんなこと軽々しく言えやしない。
何も知らない母は「結婚して何年も経つのに子供ができないのはおかしい。一度病院で診てもらいなさい。そういう夫婦は珍しくないし、恥ずかしいことじゃないんだから 」と言う。けれど、私は「ちんぽが入らないのです」と嘆く夫婦をいまだかつて見たことがない。医師は私に言うのだろうか。「ちんぽが入らない? 奥さん、よくあること ですよ」と。そんなことを相談するくらいなら、押し黙ったまま老いていきたい。子供もいらない。ちんぽが入らない私たちは、兄妹のように、あるいは植物のように、ひ っそりと生きていくことを選んだ。(本文より抜粋)

 

【感想】

★★★★☆

Netflixでもドラマが見れるのだけれど、全部見た友人が全く気持ちがわからなくて鬱々として面白くなかったという判断を下したので、私は機会があったので書籍で読むことにした。

 

夫のちんぽが入らない。衝撃的なタイトルだけれど、読んでみて私は号泣した。

 

わりと淡々と描かれているけれど、なかなか重い。

夫のちんぽだけ入らない。夫以外のは入る。夫の風俗問題。

自分の勤務先での悩み・・・。

 

自暴自棄になり夫以外の人と次々と・・・のくだりに関しては私は共感は持てなかったのだけれど、実際この人の立場だったらそうやってなってしまうのかもしれない。

 

ところどころで叫ぶ本音、辛さにめっちゃ共感して泣けた。

 

境遇や立場は違うが誰しも抱えている悩みがある。

私にだってある。

 

そしてどうにもならないことはほんとうにどうにもすることができない。

 

他人に「子供は産んだ方がいい」などと簡単に言われても、実際にその人の立場に立ったら本当にそんなことが言えるのだろうか。

「子供は産んだ方がいい」「きちんと働いたほうがいい」「結婚したほうがいい」

様々な事情があったりいろいろな理由でみんなが当たり前にできていることができない人もいる。

外見からわかりづらいが様々な疾患を抱えた人がいる。

 

最後のこだまさんの

 子を産み、育てることはきっと素晴らしいことなのでしょう。経験した人たちが口を揃えてそう言うのだから、たぶんそうに違いません。でも、私は目の前の人がさんざん考え、悩み抜いた末に出した決断を、そう生きようとした決意を、それは違うよなんて軽々しく言いたくはないのです。人に見せていない部分の、育ちや背景全部ひっくるめて、その人の現在があるのだから。それがわかっただけでも、私は生きてきた意味があったと思うのです。

この意見は私も全く同じ意見です。

 

読んでよかったと思いました。

 

夫のちんぽが入らない (講談社文庫)

夫のちんぽが入らない (講談社文庫)

 
夫のちんぽが入らない(扶桑社単行本版)

夫のちんぽが入らない(扶桑社単行本版)