プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【泰麒をひたすら愛でる巻】風の海 迷宮の岸

f:id:piyopiyobooks:20200130183214j:plain

著者 小野不由美

【内容】

幼(いとけな)き麒麟に迫り来る決断の時──神獣である麒麟が王を選び玉座に据える十二国。その一つ戴国(たいこく)麒麟の泰麒(たいき)は、天地を揺るがす〈蝕(しょく)〉で蓬莱(ほうらい)に流され、人の子として育った。十年の時を経て故国(くに)へと戻されるも、役割を理解できぬ麒麟の葛藤が始まる。我こそはと名乗りを挙げる者たちを前に、この国の命運を担うべき「王」を選ぶことはできるのだろうか。

 

【感想】

★★★★★

これはエピソード0「魔性の子」の「神隠しの間」のストーリーになっています。

胎果で流されてしまった泰麒、しかし捜索の結果蓬莱から連れ戻しに成功。

麒麟への転変もできぬ、麒麟としての役割もよくわからない幼い泰麒の葛藤の物語。

とりあえずもう泰麒がものすごくかわいい。蓬莱(日本)では弟や祖母との関係に委縮する泰麒でしたが、蓬山でのゆったりとくらしに戸惑いも見せる。しかも大きな役割「王を選ぶ」が自分にきちんとできるのか、悩む泰麒。

Netflixアニメでも出てきたエピソードですが、正直活字の方が分かりやすかったというか、泰麒が王を選ぶとき、「王気」が小説の方では感じられたのではないかと思います。アニメでも面白いですが私は断然活字派でした。

 

ここでも世界観がどんどん複雑になっていきます。

麒麟も胎果から生まれ、母ではなく女仙によって世話をされます。

複雑になっていく世界観ですが、物語に深みが増してくるようでとても面白く感じられました。

 

 

風の海 迷宮の岸 十二国記 2 (新潮文庫)

風の海 迷宮の岸 十二国記 2 (新潮文庫)

  • 作者:小野 不由美
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/09/28
  • メディア: 文庫