プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【将棋の駒にそんな価値のあるものがあるとは知らなかった。】盤上の向日葵

f:id:piyopiyobooks:20200303055339j:plain

著者 柚月裕子

【内容】

実業界の寵児で天才棋士――。 男は果たして殺人犯なのか! ?

さいたま市天木山山中で発見された白骨死体。唯一残された手がかりは初代菊水月作の名駒のみ。それから4ヶ月、叩き上げ刑事・石破と、かつて将棋を志した若手刑事・佐野は真冬の天童市に降り立つ。向かう先は、世紀の一戦が行われようとしている竜昇戦会場。果たしてその先で二人が目撃したものとは! ?
日本推理作家協会賞作家が描く、渾身の将棋ミステリー!

 

【感想】

★★★★★

ある山中で発見された白骨遺体には600万相当の将棋の名駒が一緒に埋められていた。刑事はその遺体の身元と誰が殺して埋めたかを将棋の駒からたどっていく。

 

一方、子供のいない夫婦の夫、唐沢は古紙回収で将棋雑誌が抜き取られていることを知り、犯人は誰なのか突き止めようとして一人の少年に出会う。その少年の服がぼろぼろだったこと、やせぎすで小学生のうちから新聞配達をして働きお父さんから虐待を受けていることを知り、将棋好きのその少年と週一回ご飯を食べさせたり将棋を指したりするようになる。そして少年の才能に気付き奨励会に入れようとするもその少年の父親に反対されてしまう。

 

この唐沢と少年・桂介のエピソードがとても暖かく、涙がこぼれた。

駒をたどっていくのと桂介のエピソードが交互にやってきて、「遺体はもしや父親なのか・・・」「けど桂介が殺人なんてするだろうか・・・」などと頭によぎる。

 

「盤上の向日葵」というタイトルも、物語を読んでいくうちにとてもしっくりときた。

 

最後の方、唐沢の妻が「(駒は)息子に譲った」と言った時涙がこぼれた。

 

とても読み応えがあり、面白い作品でした。

 

 

盤上の向日葵

盤上の向日葵

  • 作者:柚月 裕子
  • 発売日: 2017/08/18
  • メディア: 単行本