プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【関西弁の男の人ってなんかいいな】世界の端から、歩き出す 

f:id:piyopiyobooks:20181211085214p:plain

著者 富良野

【内容】

京都での出会いが起こした

小さな、確かな奇跡。

就職も決まった短大二回生の秋、篠崎千晴のもとに叔母から奇妙な依頼が舞い込んだ。ずっと存在を知らされていなかった「叔父」に届けものをしてほしい、というものだった。戸惑いながらも、千晴はある箱を持って彼を訪ねるが、その中身は――。

出逢いが出逢いを呼び、人との縁が人生を確かなものにしてくれる。孤独な半生を送ってきた千晴が最後に見つけた場所とは……。京の街が舞台の、思わず涙が頬を伝う再生の物語。

 

【感想】

★★★★★

はっきり言ってめちゃめちゃよかったです。


幸せではない、冷たい家庭で育った主人公、千晴が、ある日叔母にそんなに年の離れていない叔父のシンさんがいることを聞く。届け物などで何度か会ううちに、シンさんの暖かさを知る。シンさんも千晴の父や叔母とは父親が違うため、育ってきた環境が、家族に恵まれず、家族の暖かさを知らないところが千晴と似ていた。

 

千晴の家族がとてもとても異様で、読んでいてこちらも怖くなった。特にお父さんが怖い。もはやサイコパス

 

反対に、シンさんの彼女のレイコさんがすごくすごく好きで、素敵だと思った。レイコさんとシンさんのカップル、すごくいい。

 

千晴が叔父に対して抱く「余すところなく幸せになってほしい」という気持ちが、とても素敵だった。

 

そして千晴にもやがて出会いが。それはものすごい出会いだったけれど、すごくすごく素敵な人で心の中で「がんばれ!」と応援したくなるような。めっちゃいいひと。

 

読んでいて途中途中涙があふれてきた。


シンさんも、千春も、幸せになってほしい。

心がとても温かくなりました。

 

ていうか関西弁の男の人、いいな。なんかきつい感じだけど優しいみたいな。

 

お薦めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【途中下車は不可能、怖さのジェットコースター】スイート・マイホーム

f:id:piyopiyobooks:20181210221044p:plain

2019/01/10発売予定

著者 神津 凛子

【内容】

【ドイツでの癌治療体験私小説】前立腺歌日記 

f:id:piyopiyobooks:20181210220436p:plain

著者 四元 康祐

【内容】

【読んでいくうちにぞくっとする】Q&A

f:id:piyopiyobooks:20181210215309j:plain

著者 恩田陸

【内容】

都下郊外の大型商業施設において重大死傷事故が発生した。死者69名、負傷者116名、未だ原因を特定できず―多数の被害者、目撃者が招喚されるが、ことごとく食い違う証言。防犯ビデオに写っていたのは何か?異臭は?ぬいぐるみを引きずりながら歩く少女の存在は?そもそも、本当に事故なのか?Q&Aだけで進行する著者の真骨頂。

 

【感想】

★★★★★

ショッピングモールで起きた、原因のわからない死傷者がたくさん出た事件について、すべてが会話で話が進んでいく。

読んでいくうちにだんだんきな臭くなっていき、怖さが増す。

 

はじめはガス漏れや火災か何かかと思ってみんな一斉に逃げ出すも、実際にガス漏れや火災の痕跡もなし。いくつかみんなが逃げ出す前に変わったことがある。それは、万引きをする老夫妻、液体が入った袋を床に投げつけた男・・・・など。

一体原因は何だったのか。亡くなった人はほぼ逃げ出したことによる圧死。

 

事の真相を知るタクシー運転手、その真相と彼のその後にぞくっとします。

インタビューや会話を通して、背中がぞくぞくしてきます。

とても面白かったです。

 

 

単行本とは少し内容が変わっているらしく、両方読んでみたいなと思いました。

 

Q&A (幻冬舎文庫)

Q&A (幻冬舎文庫)

 
Q&A

Q&A

 

 

【好きになっていく過程にきゅんとする】隣の席の佐藤さん 

f:id:piyopiyobooks:20181210213850p:plain

著者 森崎緩

【内容】

実写PVがYouTubeにて公開中の
第6回ネット小説大賞受賞作!
コミカライズも決定!!

地味で、とろくて、気が利かなくて。おまけに大して美人でもないクラスメイトの佐藤さん。なのに隣の席になった途端、気になり始めたのはなぜだろう。ひねくれもの男子が、隣の席の地味な女の子に惹かれていく話。

 

【内容】

★★★★★

読み終わった後、PVも見てみました。

こちらです。


隣の席の佐藤さんPV_long_ver.

 

うわー。想像した通りの佐藤さんな感じ!いい!!

 

はじめは「あまり可愛くない」隣の席の佐藤さんが、どんどんかわいく見えてきて、いつの間にか恋に落ちる。


短いエピソードを重ねる中で、だんだんと変化していく気持ちに胸がきゅんとなる。


人を好きになっていく過程が、もう恋愛のときめきから遠ざかっている私にはとても新鮮でたまらなかったです!きゅんきゅんしました。

 

そして、友人から見る佐藤さんと山口くんもすごくいい!はたから見るとこんな感じなんだとにやにやが止まりません。

 

とてもかわいかったです。

 

 

隣の席の佐藤さん (一二三文庫)

隣の席の佐藤さん (一二三文庫)

 

 

 

【走ることの美しさ、強さがふんだんに詰まった一冊】風が強く吹いている

f:id:piyopiyobooks:20181208032754j:plain

著者 三浦しをん

【内容】

箱根駅伝を走りたい――そんな灰二の想いが、天才ランナー走と出会って動き出す。「駅伝」って何? 走るってどういうことなんだ? 十人の個性あふれるメンバーが、長距離を走ること(=生きること)に夢中で突き進む。自分の限界に挑戦し、ゴールを目指して襷を繋ぐことで、仲間と繋がっていく……風を感じて、走れ! 「速く」ではなく「強く」――純度100パーセントの疾走青春小説。

 

【感想】

★★★★★

ただただ素晴らしかった。

 

実は箱根駅伝とか、マラソンとか、普段テレビで見たことがなかったんです。

全く興味がなかった。走ってるだけじゃんって。

 

いや、こんなにドラマが詰まってるものなんですね。

箱根駅伝のはの字も知らないど素人ですが、箱根駅伝の仕組みから何からすべてわかりました。見たことないけど。

 

今となっては箱根駅伝がリアルタイムで見られる日本に住んでいないのが悔やまれる。

もう年末だし。箱根駅伝に出るチームは最後の調整に入ってるんでしょうね。

 

大学のおんぼろ寮に集まった素人も含む10人が箱根駅伝を目指すストーリー。最後の箱根駅伝のシーンは涙なしでは読めませんでした。すごく良かったです。

 

 とりあえず、読んでほしい。

風が強く吹いている (新潮文庫)

風が強く吹いている (新潮文庫)

 

 

 

【一人では学べないこともある】居酒屋すずめ 迷い鳥たちの学校

f:id:piyopiyobooks:20181206224651p:plain

著者 桜井美奈 

【内容】