プロフェッショナルな読者 グッドレビュアー 200作品のレビュー 80%

ぶくぶくブックレビュー

読んだ本のレビューを書いています。

【16歳の子が書いたとは思えない才能】アップルと月の光とテイラーの選択

f:id:piyopiyobooks:20190412053644p:plain

中濵 ひびき・著/竹内 要江・訳 

【内容】

父親を交通事故で亡くした15歳の少女テイラー。その死はスキャンダラスに報じられ、母親は精神バランスを崩してしまう。心に壁を作ったテイラーは母と二人で孤独に暮らしていたが、ある日強盗に襲われ危篤状態に。病室に現れた精霊ジョイに導かれ、彼女は二つの人生を生きどちらかを選択することを迫られる。ひとつは意識を戻し後遺症を抱えて生きる人生。もうひとつは別人に転生し地球最後の日を見届ける人生。それぞれの人生で様々な出会いと学びを得たテイラーの選択とは?そして父の死の真実とは? 生命と宇宙、神と人間、愛と孤独……審査員に「心に神様のいる人」と言わしめ た、「12歳の文学賞」大賞受賞者。恐るべき16歳が紡ぐ、「文学」の枠を遙かに超え、読む者の魂を激しく揺さぶる壮大な物語。

「きらめくほどに美しい文章」「完成度の高さ、この年齢とは思えない博識と成熟」「言葉の豊かさ、表現の鋭さ、ものごとを見る力…どれも12歳のレベルを超えている」「心の中に神様のいる人」これらは、著者が第8回「12歳の文学賞」大賞、翌年に優秀賞を受賞した際に、審 査員が彼女の応募作に対して評した言葉の数々です。本作『アップルと月の光とテイラーの選択』は、16歳になった中濱ひびきのデビュー作です。幼少期をイギリスで過ごし、英語を得意とする彼女は、原稿も英語で執筆。本作は、約2年をかけて書き下ろしました。受賞時よりも一層研ぎ澄まさ れた感性と表現力、そして何より16歳とは思えない壮大な世界観を、ぜひ感じて頂 きたいと思います。

【感想】

★★★☆☆

とにかく壮大な物語でした。
16歳が書いたとは思えない。リアル「響」ですね。

 

響~小説家になる方法~ 1 (ビッグコミックス)

響~小説家になる方法~ 1 (ビッグコミックス)

 

 

私が16歳の時なんてこんなこと考えたりもしなかった、宗教感や倫理観、そして量子学なんかもちょっと出てきたり。とっても博識な方なんだなと思いました。しかもその知識をきちんと理解して物語にするってとてもすごい。


雰囲気的には「Lovely Bones」や、オグ・マンディーノなんかを彷彿とさせる感じ。海外文学っていう雰囲気でした。翻訳されているからかな。

 

海外文学好きや児童文学が好きな人におすすめです。

 

 

アップルと月の光とテイラーの選択

アップルと月の光とテイラーの選択

 

 

 

 

【日本昔話を題材としたミステリー】むかしむかしあるところに、死体がありました。

f:id:piyopiyobooks:20190411175734p:plain

著者 青柳碧人 

【内容】

昔ばなし‥‥なのに‥‥新しい!?

むかしむかしあるところに、浦島太郎という漁師がおりました。ある日、太郎は、海辺でいじめられていた亀を助けました。亀はお礼にと、太郎を龍宮城に案内しました。その竜宮城で―――――事件は起こりました!なんと伊勢海老の「おいせ」が殺されてたのです!太郎は亀に頼まれて、殺人事件の調査に乗り出しました………(第4話「密室龍宮城」より)。全5編収録。

 

「浦島太郎」や「鶴の恩返し」といった皆さんご存知の≪日本昔ばなし≫を、密室やアリバイ、ダイイングメッセージといったミステリのテーマで読み解く全く新しいミステリ!

 

【感想】

★★★★★

一寸法師、花咲か爺さん、鶴の恩返し、浦島太郎、そして桃太郎を題材としたミステリー。特に鶴の恩返しをモチーフとした『つるの倒叙がえし』はギミックが利いてて面白かったです。

次に好きだったのは『花咲か死者伝言』これも、あの有名な花咲か爺さんが殺されるんですが、その犯人とその同期がリアルで怖くて、面白いです。

 

誰もが知っている日本昔話。

それなのに新しい感覚で読めてとても面白かったです。

 

 

むかしむかしあるところに、死体がありました。

むかしむかしあるところに、死体がありました。

 

 

ミステリー好きにもおすすめです。

 

【無免許で部活でサーキット】天竜川高校 竜競部!

f:id:piyopiyobooks:20190329075954p:plain

著者 郁子 匠 (うべ たくみ)

【内容】

何かとヘタレな今村心は、高校入学を機にやりたいことを見つけたいと新入生歓迎会に臨む。

そこで見たのは「竜競部」のド迫力バイクスタント。

バイクに興味を持った心は恐る恐る部の門を叩き、大人びた雰囲気を持つ美人部長、瘧師京子に出会う。

京子のバイク熱に巻き込まれるように入部した心と幼なじみの英子は、 レースエリートの斉藤も加わった4人で7時間耐久レースに挑むことになるが……始まったのは150万円の部費集めだった!?

 

【感想】

★★★☆☆

まず、部活でバイクでサーキットというのに驚き。そんな部活、あるんだ!


私は本を読んでついつい調べてしまう性質なので、今回もその3つのキーワードでググってみました。


あるんですね、二輪車競技部!熊本県立矢部高校という学校にあるみたいです。

 

「排気量50ccのスクーターで、安全確認や一時停止などの法規走行や、与えられた課題をより高い次元でこなす技能走行を競う。」


とのことでこちらはスクーターですが、それでもバイクです。天竜川高校のようにやはり免許も持たず中型バイクなんて高校はやはり難しいでしょうね。


しかも部費の150万円を生徒がスポンサーを見つけてくるということでこれも実際やったら苦情が来そうですが。
今のご時世、スポンサーになってくれるような企業はあるんでしょうか。
なんていろいろ考えながら読みました。

 


この著者さんは元レーサーだということがあとがきに書いてあり、なるほどそれでいこういったお話が書けるんだなあと思いました、私はバイクのことは全然よくわかりませんがそれでもわかりやすかったです。そして登場人物の一人、ギャクシィ部長こと「瘧師(ぎゃくし)京子」という苗字に負けないくらい読めない苗字です、郁子 匠で「うべたくみ」さん。いろいろと勉強になりました。

 

 

天竜川高校 竜競部!

天竜川高校 竜競部!

 

 

 

 

【平成の夫婦のいろいろ】夫婦ってなんだ?

f:id:piyopiyobooks:20190324211638p:plain

著者 トミヤマユキコ

【内容】

夫婦はオワコンだが、役に立つ!? 新時代の夫婦像を探る爆笑ほろ苦エッセイ

いま、夫婦が危ない! 「三組に一組は離婚する」と言われる現在、さまざまな夫婦のかたちをトミヤマさんが面白おかしく考察する平成夫婦スタディーズ!

 

【感想】

★★★☆☆

「結婚しなくても幸せになれる時代」夫婦は確かに「オワコン」なのかもしれないが、ニュースで目にするのは「不倫」「結婚」「妊娠」などなど夫婦のことばかり!

 

自らも年の差婚、さらに3Bとよばれる「バンドマン」と結婚した著者がジブリからドラマのキャラ、そして著名人の夫婦までを面白おかしく考察した本。

 

「ママタレ」に関しても「ママ」を感じさせない安室奈美恵篠原涼子宇多田ヒカル広末涼子や元祖ママタレてきな王道を行く料理本を出したり子育てに関してブログで書いていたりする「ザ・王道ママタレ」などママになってからの進路も様変わり。

 

その他、今話題のイチロー、弓子夫妻やサッカー選手の妻となった華やかなモデルや女優などの「チアリーダー妻」などなかなか面白い視点で書かれていて「確かに!」と頷くこともしばしば!

 

私も結婚10年をまもなく迎えようとしていますが、周りの日本人の友人の夫婦は国際結婚がやはり多いため離婚するところもかなり多い。

 

国際結婚については書かれていませんが、とても読んでいて面白い本でした。

 

 

夫婦ってなんだ? (単行本)

夫婦ってなんだ? (単行本)

 

 

 

【絡まった鎖がほどけたときのスッキリさ!】花の鎖

 f:id:piyopiyobooks:20190307182844j:plain

著者 湊かなえ

【内容】

 毎年届く謎の花束。差出人のイニシャルは「K」――。 驚きのラストが胸を打つ、感動のミステリー。 両親を亡くし、愛する祖母もガンで入院中、さらに講師として働いていた英会話スクールが破綻し金銭的に困っている梨花。 建設会社で働いていたが、伯父夫婦のすすめで営業職の和弥と結婚した美雪。 公民館で水彩画教室の講師をしつつ、和菓子屋でバイトをしている紗月。 そして、3人の女性の人生に影を落とす謎の男・K――。 舞台は、東京から新幹線で一時間以上かかる地方都市から、さらに在来線で三〇分ほど行った田舎町。小さな町の中心は「アカシア商店街」。渓谷を有した風光明媚な土地柄です。第一章から第六章まで、「花」「雪」「月」の節に分かれ、それぞれのヒロインの物語が進められていきます。 大ベストセラー「告白」でのデビューから数々のベストセラーを世に放ち進化し続ける作家・湊かなえが放つ、感動のミステリー。 中谷美紀戸田恵梨香松下奈緒でドラマ化もされ、話題を呼んだ傑作。 

 

【感想】

★★★★★

3人の視点で話が進んでいくミステリ。

 

梨花・・・毎年謎の花束が「K」から届く。会社が倒産して無職になったばかり。おばあちゃんが胃がんになり、おばあちゃんが入札したものを買うために「K」にお金をかりたいと思う。

 

・美雪・・・和弥と結婚して3年、子供ができないのが悩み。従兄弟の事務所で和弥が働くようになり、和弥が内緒で応募した美術館の設計図面をその従兄弟の名前で提出されて憤りを感じる。

 

・紗月・・・和菓子屋でバイトをしながら水彩画教室で教師をしている。ある日、大学時代の友人からお願い事をされ悩む。

 

きんつば」「梅香堂」「香西路夫」など、いろいろなキーワードが出てきたり、謎の人物「K」を探そうと思ったら出てくる人物誰もかれも「K」がつくし、頭の中がこんがらがってきます。

 

でも、最後、謎が解けたときスッキリする。

 

ちょうど同じトリックで書かれた作品を読んだばかりだったので、実はトリックはわかってしまったのですが。でもとても面白くて最後まで集中して読めました。

人の嫌な感じとか、感情の機微とか、さすが湊かなえさんという感じですね。

 

花の鎖 (文春文庫)

花の鎖 (文春文庫)

 

 

 

【アンデルセン『エンドウ豆の上に寝たお姫さま』を知っていますか?】豆の上で眠る

f:id:piyopiyobooks:20190301190232j:plain

著者 湊かなえ

【内容】

 小学校一年生の時、結衣子の二歳上の姉・万佑子が失踪した。スーパーに残された帽子、不審な白い車の目撃証言、そして変質者の噂。必死に捜す結衣子たちの前に、二年後、姉を名乗る見知らぬ少女が帰ってきた。喜ぶ家族の中で、しかし自分だけが、大学生になった今も微かな違和感を抱き続けている。―お姉ちゃん、あなたは本物なの?辿り着いた真実に足元から頽れる衝撃の姉妹ミステリー。 

 

【感想】

★★★★☆

昔、童話をたくさん読んだ。

このタイトルを見て『エンドウ豆の上に寝たお姫さま』だとすぐに気づいた。

けれど、この本に書かれているように、このお話はわりとマイナーなものらしく、あまり知っている人に出会ったことがない。

 

そしてこの表紙。

「ジュエルリングキャンディ」という、昔とても女の子に人気だった飴。

いつのころからかなくなってしまったが、見つけたときは絶対にお母さんにお願いして買ってもらった。指に着けながら舐めるので、手がべたべたになるのは必至なんだけど、女の子ゴコロをくすぐるんだよね。この形。

 

内容としては、以前読んだ『闇に香る嘘』に少し設定が似ている。

『闇に香る嘘』のほうは、盲目の弟にある日兄を名乗る人が現れて本当に兄なのかと疑う話。こちらは小さいときに行方不明になった姉が2年後に戻ってきて違和感を感じる話。顔にできた傷もなくなっているが、行方不明になる前の話も知っているし、DNA検査も親子確定。しかしどうにも違うんじゃないかという疑いが隠せないまま大学生になった結衣子の前に、姉が「顔に傷のある女性」と並んで歩いているところを目撃。

 

誘拐の真実はなかなか思いもかけないところだったが、万佑子が疾走してから狂ったように姉を探し、結衣子にまで「ネコ探し」と称して他人の家に万佑子がいないかを探らせていた母は、その真実をそんなにすんなり受け入れられたのだろうかと疑問に思った。

 

 

豆の上で眠る (新潮文庫)

豆の上で眠る (新潮文庫)

 

 

 

【青春ほろにが系やり直しストーリー】イシイカナコが笑うなら

f:id:piyopiyobooks:20190301025646p:plain

著者 額賀澪

【内容】

その幽霊は「やり直し」の時間をくれる。

どの生徒にも慕われるスーパー教師の菅野。しかし、内心にはいつも虚しさが渦巻いていた。そんな彼の前にかつての同級生の幽霊、イシイカナコが現れる。「ねえ、イシイカナコの“人生やり直し事業”に参加しない?」――思わず飛びついた菅野は、17歳の自分が生きる時間軸へと飛ばされた。しかし、全くの他人として。そして同じクラスには生前の石井加奈子がおり、幽霊のカナコには何やら思惑があるようで……。『タスキメシ』の著者が贈る 大人のためのゴースト・ストーリー!!

 

【感想】

★★★☆☆

切なくてほろ苦い、青春やり直しストーリー。

怪談として受け継がれる「イシイカナコ」と同級生だった主人公の菅野はふとした拍子から「イシイカナコ」と一緒に高校3年に戻り、人生やり直しをすることに!
やり直しとはいえなかなか自分の体に戻れずやきもきする菅野。


でも第三者の立場から自分を見つめなおすことによって、自分の無力さ、情けなさ、良さなどに気付く。


タイムスリップなのになぜか違う人に入り込むという設定がなかなか面白くもあり、そして自分のことが他人からの視点で見えてしまうという気恥ずかしさや苛立ちなどがうまく描かれていたと思う。

 

自分があの頃に戻って、しかも他人に入ってたら絶対に恥ずかしさで爆発すると思う。

その時の私は私で、一生懸命生きていたんだけれど。

 

イシイカナコが笑うなら

イシイカナコが笑うなら